トップページ | 参考文献/参考サイト一覧 »

2007年12月11日 (火)

縦書き表記とブラウザについて(この頁は横書きです)

 

 古いのかもしれませんが、漢詩が横書きでは、どうも感じがでないように思います。本当のことを言えば、日本語で読み書きする場合にも、全部とはいわないまでも縦書きの方が読みやすいことが多いように思います。

 以前から、ホームページなどで、縦書きを使いたいと思っていました。マイクロソフト社のブラウザ、I.E(インターネットエクスプローラ)では、縦書き表記のためのタグがあることは、以前から、知っていましたが、ネットスケープなど他のブラウザが対応していないため、これまでは、使用を控えていました。

 しかし、こうやって、漢詩やその訳を、書いていると、やはり縦書きでいきたいという気持ちが強くなります。今回、詩の部分については、縦書きを使わせていただくことにしました。日本においては、大多数のパソコンユーザが、ウインドウズとⅠ.E.を利用しているようだときいたこともその理由のひとつです。

  IEユーザ以外の方々には、申し訳ないと思います。しかし、できれば、ネットスケープその他のブラウザも縦書きに対応してもらいたいと思います。アラビア語などのような右書きや、日本語・中国語その他の縦書きなどは、それぞれの国の文化だと思います。例え、欧米のやり方と違っていたって、無視していいことにはなりません。

 昔はともかく、現在の技術では、十分対応できるのですから、文化をコンピュータに合わせるのではなくて、コンピュータの方を文化に対応させるべきなのだろうと思います。ユーザの方々は、ブラウザメーカーに対して、多様な表記について、もっと要求をしてもいいのではないでしょうか。

 そうはいっても、ウィンドウズ、I.E.だって、完全に縦書き表記に対応しているわけではなく、不完全なところもあります。同じブラウザを使っても、お使いの環境によって、結果が違うものになることもあり、必ずしもこちらの意図に沿った形にならないことも多いようです。作成に当たっては、何種類かのパソコンで確認はしているのですが、すべてを網羅することはできません。必要に応じて、適宜、パソコン、I.E.をご調整いただかなければならないと思います。しかし、敢えて縦書きにこだわって、使わなければ、原状の改善もされないのではないかと思います。

 不完全なものを敢えて使ってご不便をかけますが、PDFで作成したファイルをダウンロードしてみていただけるようにしました。PDFのファイルであれば、機種に依存せずに、こちらの意図したフォームで見ていただけるのではないかと思います。必要に応じて、ご利用ください。また、ご意見やご感想をいただければありがたいと思います。


 

|

トップページ | 参考文献/参考サイト一覧 »

日本語で楽しむ漢詩」カテゴリの記事

コメント

IEでの表示に限れば、縦書きでもワープロ並みの美しい表示が可能です。ぜひともこのブログでも、美しい縦書き表示にチャレンジしてみてください。
実際にどのようなものなのかは、私のブログでも参考にしてください。

投稿: アポロ | 2008年3月 9日 (日) 16:35

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の封筒 | 2011年12月12日 (月) 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縦書き表記とブラウザについて(この頁は横書きです):

トップページ | 参考文献/参考サイト一覧 »