日本語で楽しむ漢詩

2008年5月 5日 (月)

詩経 国風 目次

 

 詩経には、古来、いろいろな解釈があるようですが、私は、難しいことは別にして、「詩を素直に読んで浮かんだイメージを大事にする」ことを目標にして訳しています。

「關睢」(關關雎鳩 在河之洲) 周南A-〇〇一
「長短乱れて茂ったアサザ 右に左に摘まみとる」 男女が親しくなっていく様子を、菜摘みをしながら歌う詩です。

「桃夭」(桃之夭夭 灼灼其華) 周南A-〇〇六
「この桃 いきいき 美しい」 若い娘をめでたい桃の木に例え、ほめそやします。

「兔罝」(肅肅兔罝 椓之丁丁) 周南A-〇〇七
「ぴんと張ったぞ兎網」兎網がうまく張れたというだけで、得意満面、純真素朴な田舎の青年の様子が目に浮かびます。

「草蟲」(喓喓草蟲 趯趯阜螽) 召南A-〇一四
貴方に会えないときの寂しさ、悲しさ、会えれば、もうそれだけでうれしい。

「式微」(式微式微 胡不歸) 邶風A-〇三六
「ああ! あなたに会ったりしなければ・・・、あなたと一緒じゃなかったら・・・」 男と駆け落ちしたものの、苦しい逃避行に耐えかねてもらす女の恨みごと

続きを読む "詩経 国風 目次"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

暁遊詩集目次

 

漢詩の持つリズムを感じながら、できるだけ日本語らしくを心がけて訳してみました。

孟浩然 「春暁」(春眠暁を覚えず)
「春眠暁を覚えず」で有名ですが、ただ春ののんびりした風情を歌っているだけなんだろうか?

蘇軾  「春夜」(春宵一刻直千金)
これも有名です。でも、値千金て、今ならいくら?

孟郊  「登科後」(昔日の齷齪誇るに足らず)
試験に合格「サクラサク」。今日から毎日、お花見、お花見。

耿湋  「秋日」(返照閭巷に入り)
芭蕉の俳句「あかあかと 日はつれなくも 秋の風」は、この詩が元になっています。

杜牧  「山行」(遠く寒山に上れば石径斜なり)
秋の紅葉は春の花にも負けないくらいきれいです。

続きを読む "暁遊詩集目次"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

日本語で楽しむ漢詩

 

「日本語で楽しむ漢詩
      漢詩で楽しむ日本語」

《 きっかけ 》

 漢詩を日本語に訳すということを始めたきっかけは、書店で偶然、松下緑さんの著書「漢詩七五訳に遊ぶ‐サヨナラダケガ人生カ」を手にしたことでした。

 普通、日本では、漢詩を「読み下し」て読みます。読下し文は、中国語の文章を理解するための便法で、たいした発明だと思います。しかし、この読み方は、もとの詩の感情や感覚を充分に表現しているのだろうか、なにより、詩の持つリズム、テンポを充分伝えられるのだろうか、かねて、何か疑問のようなものを持っていました。松下さんの七五調の訳を読んで、これなら、というか、「いける」と思いました。訳すというか、詩の心を受け取って改めて日本語の詩にするという考え方は、「目からウロコ」でした。

しかし、考えればあたりまえのことだったのですが、日本語訳は、なにも松下緑さんが始めてではありませんでした。

続きを読む "日本語で楽しむ漢詩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

参考文献/参考サイト一覧

 

参考文献
  このブログを書くにあたって参考にさせていただいた先人の業績です。すべての箇所で出典を記載することはできませんでしたが、ここでお礼申し上げます。

  • 「サヨナラ」ダケガ人生カ - 漢詩七五訳に遊ぶ  松下 緑、集英社 二〇〇三年 二月
    最近、「漢詩に遊ぶ 読んで楽しい七五訳」と改題、集英社文庫として出されました。
  • 厄除け詩集 井伏鱒二、講談社、講談社文芸文庫 一九九四年四月
  • 車塵集・ほるとがる文 佐藤春夫、講談社、講談社文芸文庫 現代日本の翻訳 一九九四年二月
  • 自註鹿鳴集、会津八一、岩波書店、岩波文庫 一九九八年二月
  • 漢詩名句 はなしの話 駒田信二著、文芸春秋社、文春文庫 一九八二年九月
  • 唐詩選の旅 高木 健夫、講談社,講談社現代新書、一九八〇年九月
  • 唐詩および唐詩人 初唐・盛唐篇 小杉 放庵、創拓社 一九九〇年八月
  • 唐詩および唐詩人 中唐・晩唐篇 小杉 放庵、創拓社 一九九〇年八月

続きを読む "参考文献/参考サイト一覧"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

縦書き表記とブラウザについて(この頁は横書きです)

 

 古いのかもしれませんが、漢詩が横書きでは、どうも感じがでないように思います。本当のことを言えば、日本語で読み書きする場合にも、全部とはいわないまでも縦書きの方が読みやすいことが多いように思います。

 以前から、ホームページなどで、縦書きを使いたいと思っていました。マイクロソフト社のブラウザ、I.E(インターネットエクスプローラ)では、縦書き表記のためのタグがあることは、以前から、知っていましたが、ネットスケープなど他のブラウザが対応していないため、これまでは、使用を控えていました。

 しかし、こうやって、漢詩やその訳を、書いていると、やはり縦書きでいきたいという気持ちが強くなります。今回、詩の部分については、縦書きを使わせていただくことにしました。日本においては、大多数のパソコンユーザが、ウインドウズとⅠ.E.を利用しているようだときいたこともその理由のひとつです。

  IEユーザ以外の方々には、申し訳ないと思います。しかし、できれば、ネットスケープその他のブラウザも縦書きに対応してもらいたいと思います。アラビア語などのような右書きや、日本語・中国語その他の縦書きなどは、それぞれの国の文化だと思います。例え、欧米のやり方と違っていたって、無視していいことにはなりません。

続きを読む "縦書き表記とブラウザについて(この頁は横書きです)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)